雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

query_builder 2022/02/18
コラム
44

企業にとって従業員は宝とも言える存在ですが、採用と同時に企業側には雇用負担が発生します。 上手に経営を続けるためには雇用負担をできる限り減らすことが望ましいのですが、どのようにすれば雇用負担は軽減できるのでしょうか。 今回は企業における雇用負担対策について解説していきますね。 ▼企業の雇用負担とは 企業における雇用負担には、主に以下のようなものがあります。 ・採用のための費用 ・業務用の機器購入費 ・社会保険 ・複利厚生 ・退職金 上記の内容を総合すると、従業員一人あたり給与の2~3倍程度の雇用負担額が発生すると言われています。 ■有効な雇用負担対策 雇用負担は企業にとってある程度必要なものですが、あまりにも多いと経営を圧迫します。 しかし業務用の機器費用や社会保険料などを減らすことは現実として難しいですから、無理のないところでコスト削減を行う必要があるでしょう。 例えば製品の品質管理や手直しなどの仕上げは、専門業者にお任せいただくことで社員の人数を抑えることができます。 むしろ品質管理などは、内部で行うよりも外部業者にご依頼いただいたほうが公平な目でジャッジできるという利点もあるでしょう。 外部の業者であっても信頼関係を構築しておけば、社内で雇用するのとほとんど変わりなく製造のフローを完了させることができます。 協和技研株式会社でも工業製品の組み立てや手直し、品率管理などのフロー代行を承っています。 雇用負担対策についてもアドバイスが可能ですから、ぜひ一度ご相談ください。 ▼まとめ 上手に雇用負担対策を行えば企業の土台が安定しますので、従業員にとっても利益があります。 色々な方法を試しながら、会社にとって最も効果的な雇用負担対策を考えていってくださいね。

NEW

  • PDFとは一体何?

    query_builder 2022/04/19
  • 雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

    query_builder 2022/02/18
  • 金属製品においての不良品とは

    query_builder 2022/01/19
  • アルミダイキャストの品質管理について

    query_builder 2021/12/24
  • 工業製品の製品検査はどの項目も非常に大切

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE