アルミダイキャストの品質管理について

query_builder 2021/12/24
コラム
42

アルミダイキャストのような工業製品の加工業務においては、完成品の品質管理も欠かすことのできない工程です。 今回はアルミダイキャストの品質管理がどのように行われているのかについて解説していきますね。 ▼品質管理の基本 どのような製品でも、製造段階からある程度の完成度を目指して作業が行われます。 しかし中には機械の不具合などで不良品が出ることもあり、最終的な品質管理においてこうした不具合のある商品を取り除くことは非常に重要です。 また品質管理を徹底して行うことで、製造工程の中でもっと高品質の製品を生み出すにはどうしたら良いかという課題も見えてきます。 完成品のチェックだけでなく製造工程全体の質を向上させるためにも、品質管理は大切な役割を果たしています。 ■アルミダイキャストの品質管理 アルミダイキャスト製品の品質管理においては、主に以下のような点をチェックします。 ・化合物の組成や晶出の状態 ・鋳巣について ・割れがないかどうか ・湯回りの不良について 鋳巣とは、簡単に言うと内部の気泡のことで、湯回り不良とは材料が固まる時にできる不具合のことです。 こうした不具合は人の目でチェックするのが基本ですが、近年はさまざまな機械を用いての診断もできるようになりました。 ただ、どのような機材を導入して品質管理体勢を整えているかは業者によってさまざまです。 ご依頼の際はぜひ、高い技術と評判を持つ業者をお選びいただくと良いでしょう。 協和技研株式会社でも経験豊富なスタッフが厳しい品質管理を行い、実績を重ねています。 ▼まとめ もし工業製品の不良品が出回れば、事故などによって人命に関わる事態にもなりえます。 品質管理の項目を軽視することなく、良質な工業製品を確実に作っていってくださいね。

NEW

  • 図面をPDFファイルでやり取りするメリットとは

    query_builder 2022/06/03
  • PDFとは一体何?

    query_builder 2022/04/19
  • 雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

    query_builder 2022/02/18
  • 金属製品においての不良品とは

    query_builder 2022/01/19
  • アルミダイキャストの品質管理について

    query_builder 2021/12/24

CATEGORY

ARCHIVE