工業製品の製品検査はどの項目も非常に大切

query_builder 2021/11/15
コラム
34

製品検査には色々なフローがありますが、どの項目も安全な製品を作るためには欠かせません。 今回は工業製品の製品検査がどのように大切なのか、項目ごとに詳しく解説していきますね。 ▼工業製品で重視すべき製品検査項目 工業製品の製品検査項目は、ざっくり分けると以下の2つです。 ・外観検査 ・機能検査 細かく分類すると「抜取り検査」「耐久性テスト」といった項目にも分けられますが、概ね上記の2項目になると考えるとわかりやすいでしょう。 外観検査では傷や汚れなどの肉眼で確認できる不具合をチェックし、機能検査ではCTや三次元寸法測定機などの機械を使って非破壊検査を行います。 完成品においては動作チェックなども綿密に行い、正規品としての品質を確かめていきます。 ■どの項目も欠かせない 動作確認などが製品検査項目として重要なのは言うまでもないのですが、外観検査も非常に大切です。 精密機械の部品は小さな傷ひとつを見逃すだけでも製品全体の不具合につながることがあります。 そのためどの項目においても抜け落ちがないよう、全ての職人が集中して検査を行っています。 ■検査技術は日々進歩している 製品検査においては、近年その技術が大きく進歩しています。 CTなどの導入も去ることながら、これまで人の目によって行われてきた外観検査を人工知能によって自動的に完了させようという動きもあり、今後はコスト面でも大きな動きが出てくるかもしれません。 このような中でより高品質な製品検査を叶えるには、ぜひ実績や評判の面で信頼できる企業にご相談ください。 協和技研株式会社でも、さまざまな最新技術を使った製品検査を行っております。 ▼まとめ どんなに高性能な工業製品でも、不良品が流通すると会社の評判だけでなく人の健康や財産も損なってしまいます。 あらゆる項目をクリアした高い品質の製品を送り出して、世の中をもっと豊かにしていきましょう。

NEW

  • 冷凍餃子のおすすめポイントとは

    query_builder 2021/12/01
  • 工業製品の製品検査はどの項目も非常に大切

    query_builder 2021/11/15
  • 製品検査方法の種類について

    query_builder 2021/11/01
  • 工業製品の製品検査とはどういうもの?

    query_builder 2021/10/22
  • アルミダイキャストの塩害を防ぐには?

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE