製品検査方法の種類について

query_builder 2021/11/01
コラム
33

工場で生産した品物は、厳密な製品検査を経て世の中に旅立っていきます。 この製品検査は、どういった方法で行われているのでしょうか。 今回は製品検査方法の種類について解説していきましょう。 ▼製品検査方法の種類 「製品」といっても食品から工業製品までさまざまですが、全体に共通する製品検査方法は検査する工程によって以下のような種類に分別できます。 ・受入検査などの「生産プロセス」 ・計量抜取や官能検査などの「判定方法」 ・全数検査や抜取りなどの「実施方法」 専門用語が多くて少しわかりづらいかもしれませんが、要は生産過程で行われる検査もあれば、できあがった製品を改めて検査するなど、流通までの各過程において製品検査が行われるということです。 どの過程の検査も良質な製品を作るためには欠かすことができず、あらゆる業者が非常に力を入れて検査体勢を整えています。 ■工業製品の製品検査方法 色々な製品の中でも「工業製品」の場合は、以下の2点についても検査を行います。 ・外観検査 ・機能検査 外観検査は、目視で傷やへこみ、汚れなどがないかどうかを確認するものです。 そして機能検査においては、工業製品を破壊することなく(非破壊検査)、CTや三次元寸法測定機などを使って内部を見ます。 完成品の場合は実際に稼働させてみて、既定の基準をクリアする動作が行われるかどうかを確認します。 こうした各製品検査方法の内容については、検査のご依頼の際にご確認いただくと、より安心して検査を受けることができるでしょう。 協和技研株式会社でも製品検査方法のご説明を詳細に行っておりますので、わからないことは何でもご相談ください。 ▼まとめ 製品検査方法の種類は、あらゆる製品において日々技術が進化しています。 今後もより精緻な検査が可能な方法が出てくると思われますので、ぜひ製品検査方法の種類についても注目してみてくださいね。

NEW

  • 冷凍餃子のおすすめポイントとは

    query_builder 2021/12/01
  • 工業製品の製品検査はどの項目も非常に大切

    query_builder 2021/11/15
  • 製品検査方法の種類について

    query_builder 2021/11/01
  • 工業製品の製品検査とはどういうもの?

    query_builder 2021/10/22
  • アルミダイキャストの塩害を防ぐには?

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE