アルミダイキャストの製造工程について

query_builder 2021/09/22
コラム
28

アルミダイキャストは型を使って形を作る加工方法ですが、詳しい製造工程を知らないという方も多いと思います。 製造工程や加工方法の特徴を知ることで、製品に適した方法を選択することができます。 そこで今回は、アルミダイキャストの製造工程と検査方法について解説していきます。 ▼アルミダイキャストの製造工程 まず基となる金型を専用の機械で製作し、組み立てます。完成した金型をダイキャストマシンにセットし、その中に溶かしたアルミニウムを流し込みながら圧力を加えていきます。材料が固まるまで待って、金型から材料を取り出して完成です。 金型は繰り返し使うことができるので、短時間で大量生産することが可能です。 ▼アルミダイキャストの検査方法 完成したアルミダイキャストは、品質検査を行います。 1つ目の検査は硬度測定です。部品の表面だけでなく、カットして内部の硬度もチェックします。そして2つ目の検査は組織観察です。拡大鏡を使ったり自分の目で部品に欠陥がないか、結晶状態、気孔などを確認します。 3つ目の検査は強度試験です。部品を引っ張ったり絞ったり、ハンマーなどを使って部品に衝撃を与えたりすることで強度をチェックします。 ▼まとめ アルミダイキャストは、金型を作ってしまえばあとは溶かしたアルミニウムを流し込むだけです。大量生産が可能なので、コストを抑えながら大量生産したい方にピッタリです。 弊社ではアルミダイキャストの加工や検査を行っているので、気になる方は気軽にご連絡ください。

28

アルミダイキャストは型を使って形を作る加工方法ですが、詳しい製造工程を知らないという方も多いと思います。 製造工程や加工方法の特徴を知ることで、製品に適した方法を選択することができます。 そこで今回は、アルミダイキャストの製造工程と検査方法について解説していきます。 ▼アルミダイキャストの製造工程 まず基となる金型を専用の機械で製作し、組み立てます。完成した金型をダイキャストマシンにセットし、その中に溶かしたアルミニウムを流し込みながら圧力を加えていきます。材料が固まるまで待って、金型から材料を取り出して完成です。 金型は繰り返し使うことができるので、短時間で大量生産することが可能です。 ▼アルミダイキャストの検査方法 完成したアルミダイキャストは、品質検査を行います。 1つ目の検査は硬度測定です。部品の表面だけでなく、カットして内部の硬度もチェックします。そして2つ目の検査は組織観察です。拡大鏡を使ったり自分の目で部品に欠陥がないか、結晶状態、気孔などを確認します。 3つ目の検査は強度試験です。部品を引っ張ったり絞ったり、ハンマーなどを使って部品に衝撃を与えたりすることで強度をチェックします。 ▼まとめ アルミダイキャストは、金型を作ってしまえばあとは溶かしたアルミニウムを流し込むだけです。大量生産が可能なので、コストを抑えながら大量生産したい方にピッタリです。 弊社ではアルミダイキャストの加工や検査を行っているので、気になる方は気軽にご連絡ください。

NEW

  • 図面をPDFファイルでやり取りするメリットとは

    query_builder 2022/06/03
  • PDFとは一体何?

    query_builder 2022/04/19
  • 雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

    query_builder 2022/02/18
  • 金属製品においての不良品とは

    query_builder 2022/01/19
  • アルミダイキャストの品質管理について

    query_builder 2021/12/24

CATEGORY

ARCHIVE