金属の加工方法について

query_builder 2021/06/28
コラム
16

金属製品を作るには、金属を加工する必要があります。しかし、金属加工の方法にもさまざまな種類があるので、金属の種類や用途によって使い分けなければなりません。 そこで今回は、金属の加工方法について解説していきます。 ▼溶接加工 金属加工と言えば、溶接加工を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 溶接加工は、金属に熱を加えて溶かした部分を接合するという方法で、ガス溶接やアーク溶接などいくつか種類があります。 ほとんどは手作業で行うので技術が必要になりますが、金属同士がしっかりくっ付くので強度の高い製品に仕上げることができます。 ▼切削加工 切削加工は、専用の機器を使って金属を削り、形を作っていく方法です。大きな金属を削っていくので、他の加工方法と比べて材料費がかかります。 そのため、小ロットでの依頼におすすめです。 ▼鋳造加工 鋳造加工は、型に金属を流し込んで加工する方法で、金型加工とも呼ばれています。 型を作ればあとは金属を流し込むだけで形ができるので、切削加工とは違い短時間に大量生産することができます。しかし、型自体にミスがあった場合は不良品が大量に完成するので、全てが無駄になってしまう可能性もあります。 ただ、基本的には事前にミスがないか確認してから加工を行うので、こういったミスは少ないでしょう。 ▼まとめ 今回は代表的な金属の加工方法をご紹介しましたが、細かく分けると他にもさまざまな方法があります。それぞれ特徴が異なるので、適した加工方法を選択してくださいね。 弊社では金属製品の加工と検査を行っているので、金属加工に関することは気軽にご相談ください。

NEW

  • アルミダイキャストの塩害を防ぐには?

    query_builder 2021/10/15
  • アルミダイキャストの熱伝導率について

    query_builder 2021/10/08
  • アルミダイキャストの表面処理について

    query_builder 2021/10/01
  • アルミダイキャストの製造工程について

    query_builder 2021/09/22
  • アルミダイキャスト製品を塗装する際の注意点について

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE