個人で金属加工する際の注意点

query_builder 2021/06/09
コラム
11

「金属加工を業者に依頼するとお金がかかるから自分でやりたい」という方もいるのではないでしょうか。 個人でも金属加工はできますが、準備や作業中などいくつか気をつけるべきことがあります。 そこで今回は、個人で金属加工する際の注意点について解説していきます。 ▼道具に不備がないか事前に確認する 金属加工をするにはさまざまな道具が必要です。どれか1つでも欠けていると、作業効率が落ちたり加工に失敗してしまうことがあります。 そのため、事前に道具がきちんとそろっているか、正常に作動するかなどを確認しておきましょう。 道具を一式買うのは大変だと思いますが、レンタルすることもできるのでお金をかけたくない方はレンタルするのがおすすめです。 ▼作業場所を十分確保する 金属加工に必要なスペースを十分確保してから作業を始めましょう。作業場所が狭いと思うように作業できなかったり、道具を上手く扱えないことがあります。 効率的に作業を進めるためにも十分なスペースが必要なので、広さに少し余裕があるくらいの場所がおすすめです。 ▼騒音や粉塵などの対策をする 金属加工するにあたって、道具の音や粉塵などが出ます。これらは近所トラブルにもなりかねないので、騒音や粉塵などの対策はしっかり行いましょう。 騒音を抑えられる道具などもあるので、周りに住宅が密集している場所で作業を行う場合は道具の工夫も必要です。 ▼まとめ 個人で金属加工をする場合は、今回紹介した注意点を意識して作業してみてください。 もし自分で金属加工するのが不安な場合は、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 図面をPDFファイルでやり取りするメリットとは

    query_builder 2022/06/03
  • PDFとは一体何?

    query_builder 2022/04/19
  • 雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

    query_builder 2022/02/18
  • 金属製品においての不良品とは

    query_builder 2022/01/19
  • アルミダイキャストの品質管理について

    query_builder 2021/12/24

CATEGORY

ARCHIVE