金属製品の検査方法について

query_builder 2021/05/23
コラム
6

私たちの身の回りにはたくさんの金属製品がありますが、私たちの手に届くまでに安全かどうか検査されているので、何も問題なく使えています。 では、どのように金属製品の検査を行っているのでしょうか。 今回は、金属製品の検査方法や検査の必要性について解説していきます。 ▼金属製品の検査の必要性 金属は、食器や家電、自動車、建築物などあらゆるものに使われていますが、もし検査せずに私たちの手に渡った場合、不良品が混ざっていても気づかずに使ってしまい事故につながる可能性があります。 食器など小さなものであれば交換で済みますが、自動車や建築物の場合は大きな事故になりかねません。 そのため、加工された部品や製造した金属製品を念入りに検査し売る必要があるのです。 ▼金属製品の検査方法 製品によって細かい検査方法は異なりますが、主に加工された部品や製造された金属製品の加工精度をチェックし、不良品がないか、基準値を満たしているかなどを確認します。 万が一不良品があった場合は、不良品が出た原因を突き止めたり、今後不良品が出ないようにデータを作成し直したりすることもあります。 金属製品の検査は誰でもできるわけではなく、金属加工の知識や測定の基礎を身につけている人が行います。 ▼まとめ 金属製品を製造するにあたって、検査は欠かせません。 弊社では、金属製品やアルミダイキャストに詳しいスタッフが加工と検査を行っています。金属製品の賃加工なら、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 図面をPDFファイルでやり取りするメリットとは

    query_builder 2022/06/03
  • PDFとは一体何?

    query_builder 2022/04/19
  • 雇用負担を軽減する対策にはどのようなものがある?

    query_builder 2022/02/18
  • 金属製品においての不良品とは

    query_builder 2022/01/19
  • アルミダイキャストの品質管理について

    query_builder 2021/12/24

CATEGORY

ARCHIVE